2016年03月30日

お前がいてもいなくても

口の中(細かく言えば下奥歯の奥の歯茎)が腫れ模様なのである。
『月の平均台』が終わったのが13日。それから数日経って腫れたので、「疲れているのだなぁ」なんてゆっくりしていたのだけれど、これがまぁまぁ、ちぃとも良くならん。
腫れているからなのか、こう、物を食べたりしゃべったりするとカリッとサクッとおいしくスコーンと歯で噛んでしまうのである。同じところを。
ううう。
おじいさんのように食い、地蔵のように黙る。
そんなつらい日々。
ついには初めて口内炎の薬を薬局で買い求めたりした。
薬を塗って数日。だいぶ腫れは引いた気がした。気がする程度に。
(しかし、あれやな、口内炎の薬(塗るタイプ♪)ってなんか口の中に糊がついてるみたいで気持ち悪いのな)

あーんあん。

いったいどうなってんだ、俺の口内。
よくわからないがよくわからないなりにとくと見てみよう。
んで、歯医者さん(口腔外科)にこの苦境を訴えてみよう。

あーんあん。

懐中電灯で照らしつつ口の中を鏡で見やる。
んー。。
口内炎?傷?とにかく腫れている。
どうもほっぺたの内側もカリッと歯でやっちまってるようだな。
うーむ。
腫れてない方(右)と腫れてる方(左)をチラチラ見比べる。
うーむ、わからん、、、、!

は!

その時、僕は気がついてしまったのです。
この凄惨な事件の真相に。
その恐るべき真犯人に。


「上の奥歯、、、親知らず、、生えとるやん」


そうなのである。
下の奥歯の後ろの歯肉を痛めつけていたのは、新たに生えた上の奥歯の親知らずだったのだ。

「犯人はあなたです!」

と名探偵ぶりたいところだが、

「はんぬんはあなぁでう」

となるくらい厄介なことになっているから名探偵ぶらない。じっちゃんの名にもかけない。
間違えであってはなんねぇ。指と舌とを酷使して歯の本数を数える。

「いひ、にひ、はん、ひぃ、ご・・・」

何回数えても、15本ある。萩尾望都っぽく言うなら、15本いる!
普通に考えて歯の数なんてのは偶数に決まっている。なのに奇数。

親知らず、ケッテー!

おお、四十前の俺の体よ、なお成長をするのかい。。


「親知らず抜いたら大変で、、」みたいな話をよく聞くから生える時も痛いんだと思っていた。
よく考えてみれば他の歯が生えてきた時も痛かったことなかったもんな。そういうものか。
なんかスッと真っ直ぐ綺麗に生えていて、「ずいぶん前からお世話になっていますが、何か?」みたいな感じで悠然と構えていらっしゃる、MY親知らず。

どうしたもんか?
一応調べたら、上下揃ってないなら抜いてしまった方がいいらしい。
そらそうか、現に生えてない方の歯茎が負傷しているわけだし。しゃべりにくいし。

んなわけで、今度人生初歯医者に行ってみようと思う。
けどあれね、病院は何科でもそうなんだけど、どこの病院がいいか全然わからないね。
でも、とりあえず、

綺麗な女性の歯医者さんか歯科衛生士さんがいるとこがいいなぁ。とは思っている。
posted by ししゃも at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント