2011年09月11日

俺だけの旅〜盛岡編3〜

啄木新婚の家を出た私ども。
次なる目的地をフーミンおすすめの場所に定め歩行開始。

その目的地とは

SH3F0020.JPG
裁判所!(しかしわっかりやすすぎるくらいに「裁判所」だ)

なんだ?ハシバ!僕を訴える気か?!ついに法廷闘争か?!

いえいえ、
裁判所のみどころはこちら
SH3F0019.JPG

SH3F0016.JPG
石割桜。

SH3F0017.JPG
うーむ。
たしかに石を割って桜が生えているように見える。

でもねー。
なんかねー。

「これ、桜の木があったとこを石で囲ったんじゃねーの?」

と思ったことを口にしてみたところ、、、

ハシバに殴られたo(#゜Д゜)_‐=o)`Д゜)・;

「てっめ!天然記念物なめんな!」
とのこと。

岩手県民ならだれでも知っているのだそうです。
ローカルCMが流れている定番お土産もあるそうで。
↓これです↓
SH3F0047.JPG
買わなかったけどね。。。
posted by ししゃも at 05:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ったら行ったでいいもんだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

俺だけの旅〜盛岡編2〜

まずは冷麺を食し「一大麺」を制した。
幸先いいスタートだ。


・・・。


で?


そう。以降のプランを何も決めていなかった。

うんうん。いいねいいね。この無計画さ。
これが旅ってもんだろ?(←間違ってます)

とりあえず街を歩いてみることにした。

ちょっと歩くと

SH3F0002.JPG
川、発見!

大きい川が流れている街はいい。
川好き。

そして架かっている橋の名前が

SH3F0004.JPG
開運橋!

なんちゅーナイスネーミング。
運が開けてしまうわ!

ちなみにこんな橋
SH3F0046.JPG
きれいな橋よね。

開運橋を渡ると

「啄木新婚の家」の看板が。
観光地っぽいじゃないか!
ということで行ってみることにした。

SH3F0014.JPG

SH3F0013.JPG
たーくーぼーくくーん!あーそーぼー!

残念ながら啄木君は不在でした。
が、

SH3F0005.JPG
との書置きがあったので写真を撮って遊びます。

SH3F0010.JPG

SH3F0011.JPG

SH3F0006.JPG

啄木's新婚ハウスはホント昔ながらの日本の家。
なんだかまったり落ち着いてしまいます。

SH3F0007.JPG
庭先が美しい。

SH3F0008.JPG
モデルを入れてみた。
モデルはフーミン。
なんとなーく雰囲気が出るから不思議ね♪
posted by ししゃも at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ったら行ったでいいもんだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺だけの旅〜盛岡編1〜

天気がよかったので、

SH3F00270001.jpg
新幹線に乗って、旅に出たのだ。

行き先は

SH3F00260001.jpg
盛岡!

ウソじゃない。
なぜなら、

SH3F00280001.jpg
鉄瓶もある。

はい、ココで今回の旅のタイトル!どーん!


『盛岡三大麺を食べて、フーミンと遊びほうけよう』の旅!


んなわけで、盛岡駅でフーミンと待ち合わせ。
早々に、
冷麺を食べに向かう。

向かった先は駅前にある「盛楼閣」
有名な店らしい。
パチンコ屋さんの2階です。

して、コレが盛楼閣の冷麺。
SH3F00010002.jpg
なんかもー美しいわ。

キムチをちょいちょいと入れて食しますと

SH3F00300001.jpg
うみゃ〜〜〜〜!

名古屋人でもない僕が名古屋弁になってしまったぎゃ。

麺がツルシコ!で、スープ旨っ!
いきなりやられてしまったぜ!

こりゃ楽しみだぜ盛岡!
posted by ししゃも at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ったら行ったでいいもんだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

次太夫堀公園

ちょいと前になりますが。

稽古場にちょっと早く着いてしまったので、近くにあった次太夫堀公園を散策してみた。
よく近くは通っていたものの中に入ったのは初めて。

わ!
田んぼだ!
080523_1409~01.jpg
鴨もいる!
鴨かも〜。
(↑ダジャレ)
080523_1410~01.jpg

「♪か〜もか〜もか〜もかも〜♪」
口ずさみながら写真を撮っていると、嫌な視線を感じた。
ふと見れば遠巻きに、かなり遠巻きに、母子連れを発見。
露骨に、否応無く露骨に、不審がっている。
平日の昼日中、ヒゲ面のおっさんが鴨を追いかけ回しているのだ。怪しまれてもしかたがない。
「♪ふ〜んふ〜んふ〜んふん〜♪」
鼻歌を小さめにしつつ、何気ないそぶりでその場を離れる。
ふう。
生きるって大変だ。

同じ敷地内に「古民家園」なる場所があったのでたずねてみる。
080523_1424~01.jpg
「さかや」発見。
江戸期、実際に営業していた家を移築したのだそうだ。
現在も中に売店が入っていて、ラムネやジュースが買えるようになっており、一休みできる。
今日は暑いし、ジウスでも飲むかいね。
と思い、中に入ろうとした。が。
中には母子連れがたむろしていた。
あぶね。
近寄るべからず。
(意識しすぎか・・・?)

080523_1431~01.jpg
「さかや」のお隣は「地主さん」的な人の家。
ほうほう。立派立派。
この家は上って見学が出来るようになっていた。
母子連れがいないかチェック。
いない。
よしよし。
管理人的なおばあさんが機を織っている。
管理人?
住んでるわけではなかろう。
溶け込みすぎだ。
まぁいい。
ずいずいとあがりこんで見学。

なんだか懐かしい雰囲気。
それもそのはず。
僕の祖母の実家は埼玉の田舎の地主さんだったのだ。
家の作りが似ている。
まぁもちろん、こちらは江戸期のものを残しているので、土間に台所があったり、馬をつなぐとこがあったりするから違うのだけれども、多分祖母の実家も昔はこんなだったに違いない。お蚕様飼うとことか残ってたしね。
080523_1430~01.jpg
廊下から庭をみてるとのほほんとできる。
こりゃええ按配じゃ。

母子連れが多いものの(・・地元の人が多く使っているってことですな)
ほんの少し昔の日本を感じられます。武蔵野の原風景。
ちょいと歩くには良いとこです。


次太夫堀公園(世田谷区民家園) 
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00013241.html
posted by ししゃも at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ったら行ったでいいもんだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

消防博物館

入り口
所在地:東京都新宿区四谷3-10
最寄り駅:東京メトロ丸の内線「四谷3丁目」駅(徒歩0分)
入館料:無料

<1階>
ファイアー君
消防博物館のマスコット「ファイアー君」がお出迎え。
お子様連れのかたは記念撮影でもどうぞ。
ちなみに
164023092006.jpg
こちらは東京消防庁のマスコット「キュータ君」
黄色のアンテナは、緊急時には光り、危険を察知する能力を持っています。
これであなたも
防火衣試着コーナー。火消し風半纏試着コーナーもあり。
勝手に着たりしてください。これであなたも消防隊員だっ!
僕も一人でヘルメットかぶってみました。
馬車型消防車消防ヘリコプター
1階には馬車型の消防車と消防ヘリコプターが展示されとりました。

<3階>
2階は四谷消防署なのでお次は3階へ。
人だかり
人がたかっております。なんでしょうな。
ショーステージ
火事になったときの動きをアニメと模型で見せるショーステージでした。
火事だ!
火災発生!
出動!
消防署から消防車、救急車が出動!
はしご車活躍!
逃げ遅れた子供をはしご車で救出!
これ結構おもしろいのです。僕は2回見てしまいました。。。
ゲームコーナー
ゲームコーナーもあります。
ゲームその1ゲームその2ゲームその3得点ランキング
得点のランキングもあります。暇つぶしにはもってこい。
子供にまじって結構真面目にやってきました。
装備品化学防護服アニメシアター
他にもアニメシアターや現在の消防隊の装備品の展示がされてます。
とはいえ、3階はアミューズメントパーク的でにぎやかです。

<4階>
4階
3階とは打って変わって静かな4階。
明治から昭和にかけての消防の変遷について展示されてます。
ミニチュア
消防風景のミニチュア。なんともいえずいい感じ。欲しい。
ポスター
火災予防週間のポスター。消防だけに熱いぜ。

<5階>
5階
5階は江戸の火消について
江戸の火事
「江戸の町並みが火事になったら」のミニチュア。
4階のもそうだけどここのミニチュアはいい。う〜ん、欲しいんですけど。
説明ツアー
館内アナウンスがはいり説明ツアーが始まるとのこと。こぞって参加。
いろいろ教えてもらいました。
武家火消
武家火消の装束。
なんか見覚えありません?そう、赤穂浪士の討ち入りの衣装に似てるでしょ?
江戸時代は徒党を組むことを禁止されておりました。そんな中でも火消はその例外だったそうで、そこに目をつけた大石蔵之介は武家火消の装束で吉良家まで大人数で怪しまれずにたどりつくことができたんだとか。
江戸乃華
安藤広重が23歳の時に描いた『江戸乃華』なる絵。
当時の火消の様子が描かれてます。
安藤広重は27歳まで定火消同心という役職の武士だったのです。
ちなみに「東海道五十三次」は35歳の時の作品なんだとか。
纏
い組の纏(まとい)。
上の丸いのは“芥子の実”を下の四角は“枡”を表してます。
合わせて“芥子枡”→“消します”の意なんですって。
屋外
この階の外では消防ヘリコプターに乗れます。
祝日ということもあり親子連れが多くてオヤジ一人ではさすがに乗れなかった・・・。

<6階>
子供の絵子供の絵2
子供の絵が展示されてました。まぁ、面白いことはありません。
プログラムプログラム2
映像室ではアニメを放映してました。
ちょうど「ちびまるこちゃん」やってたので見ました。
たぶんここでしか見られないオリジナルだと思われ。よくやるね。

<10階>
7階は図書資料室なのですが今日はやってなかったので10階へ。
展望室
10階は展望室になっとります。
四谷方面新宿方面
左・四谷方面、右・新宿方面
疲れたんで景色を眺めながら一服するか。
と思ったら
そりゃそうだわね
消防博物館ですからね。
記念写真
エレベーターホールに記念写真が何枚かありました。
表彰
ボウケンジャーさんが表彰されてました。ポスターに協力したんだとか。

<地下1階>
最後に地下に降りました。
コンサート
ジャズコンサートをやってました。
なんでジャズなのかしら?よくわかんないけど聴いてきました。
消防車その1消防車その2はしご車
昔の消防車が並んでいます。ピカピカでキレイです。
う〜ん、これのミニチュア欲しいなぁ。
そんなこと考えてると
売店
しっかり売店があります。ニクイつくりだぜ。
やっぱりミニチュア売ってます。
すごく悩んだけど買わないことにしました。
お金ないし。集めたくなっちゃいそうなんで。
緊急用ラジオ
防災用品、緊急用品ももちろんあります。
あやうくパンの缶詰買いそうになったよ。
もらった
ここでアンケート書くとポストカードがもらえます。
タダでもらえるもんはもらっとこうと思いアンケートに記入。
ちゃんともらいました。
しかしケチだね、ワシ。

パンフレット
パンフレットと説明の紙。

なんのかんのでえらい楽しめました。
一回くらい行ってみてはいかがです?
タダだしね。
ケチにはもってこいだよ。

東京消防庁 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/
消防博物館 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.htm







posted by ししゃも at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ったら行ったでいいもんだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

横浜税関資料展示室

image/bokuniti-2006-01-07T21:18:30-1.jpg
横浜税関資料展示室(クィーンのひろば)
所在地:横浜市中区海岸通1-1
最寄駅:みなとみらい線日本大通り駅(徒歩3分)
入館料:無料

image/bokuniti-2006-01-07T21:18:30-3.jpg
この建物自体が「クィーンの塔」と呼ばれているらしい。
昭和9年竣工、設計者は国会議事堂のそれと同じだとか。言われてみればそうかもしれん。
ちなみに「ジャックの塔」「キングの塔」もある。

image/bokuniti-2006-01-07T21:49:41-2.data
これが「キングの塔」(神奈川県庁本庁舎)
image/bokuniti-2006-01-07T21:49:41-1.jpg
こちらは「ジャックの塔」(横浜開港記念会館)
どちらもすぐ近くなんでついでに見てみるのも一興かと。

カスタム君.gif
横浜税関のイメージキャラクター「カスタム君」
イメージはこんな感じらしい。が、

image/bokuniti-2006-01-07T21:18:30-2.data
入り口脇に立っている汚いぬいぐるみ。
よく見ると

image/bokuniti-2006-01-07T22:31:19-1.jpg
カスタム君・・・
まったくかわいくない。
ちなみにカスタム君は「11月28日生まれの180センチ90キロ」とプロフィールもかわいくありません。

展示室の内容はまぁ、税関のことなんであんまり面白くはありません。
とはいえ、内装はとても綺麗ですし、結構見やすいつくりなのかなとも思います。
あ、係の人が親切でした。(たぶんヒマなんだと思う)


横浜税関ホームページ http://www.yokohama-customs.go.jp/index.html
posted by ししゃも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ったら行ったでいいもんだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする