2013年08月04日

『呪怨』(03年/日)

jyuonn.jpg
監督・脚本:清水崇
出演:奥菜恵 伊東美咲 上原美佐 津田寛治 田中要次

○怖い怖いと聞いていたので見ないでいたのに。期待しすぎてた。
韓国ホラーって部類のものと一緒で、デカイ音がドーン!きしょい幽霊がズルズル〜!で、うぎゃー!って叫んで死ぬ。
オムニバスなのでもう途中から飽きるよね。
出るの?出るの?出ないの?出るの?みたいな駆け引きはほぼありません。
ドーン!ズルズル・・・ギャア!だけです。
海外ウケがいいのも納得。
日本的な幽霊モノを期待すると悲しくなります。

2011年01月02日

『八甲田山』(77年/日本)

八甲田山.jpg
監督:森谷司郎
脚本:橋本忍
原作:新田次郎(『八甲田山死の彷徨』)
出演:高倉健 北大路欣也 三國連太郎

○毎度軍隊モノを見ると書いてますが、これももう絶対にリメイクできない映画ですな。3時間弱の映画なのだけど全然長く感じないです。すごい。
ところどころで流れる日本の、東北の原風景がホントに美しい。日本が世界中に誇れる美しさだね。
ぜひこの時期(できたら1月23日から25日)にご覧ください。

ケン高倉とキンヤ北大路の男の友情に泣きました。
しかし三国連太郎はこういう役やらせたら最高だね。
ちょっとでてくる秋吉久美子がやたらかっわいい。

そしてそして、あぁやっぱり青森に行きたい!!




※もしご覧になったならば、コチラをオススメ!

2010年12月23日

『トンマッコルへようこそ』(05年・韓国)

トンマッコルへようこそ.jpg
監督:パク・クァンヒョン
脚本:チャン・ジン
出演:チョン・ジェヨン シン・ハギュン ソ・ジェギョン イム・ハリョン リュ・ドックァン カン・ヘジョン

○なんかCGの使い方にドン引いてしまってやや損した。韓国映画多いなああいうCG。あと過剰に映像演出しちゃうから笑えるトコも笑えなくなっちゃってたり(これは趣味の違いか)後半にむけてドンドン面白くなるのに。もったいなかった。
「もののけ姫みてぇだな!」ってつっこむこと数回(パロ?パクり?)そしたら音楽・久石譲だった。

シン・ハギュンってのは魅力のある役者さんだよね。好きだわ。JSAのときは北だったけどこれは南の兵士。

2010年12月21日

『少年メリケンサック』(09年・日本)

少年メリケンサック.jpg
監督・脚本:宮藤官九郎
出演:宮アあおい 佐藤浩市 木村祐一 田口トモロヲ 三宅弘城

○「あおいさん、あおいちゃん、あおいたん」と日々萌え萌えしている僕ですが、ようやく見ました。ホントようやく。ホンットようやく。

もう何も言うことはございませんでした。
すっげ面白ぇ!かなり笑ったわ。
んで、


あおいさん!あおいちゃん!あおいたん!
すっげ素敵!黒ハート


DVD買おうかな・・・。

2010年09月23日

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08年/日本)

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程.jpg
監督:若松孝二
原作:掛川正幸
脚本:若松孝二 掛川正幸 大友麻子
出演:坂井真紀 ARATA 並木愛枝 地曵豪

○190分くらいの映画なんですけど、一気に見れてしまったわ。面白い。
言うまでもなく『突入せよ!あさま山荘事件』と合わせて見るとより楽しめます。(先に『突入せよ!〜』を見ることを勧めます。僕は。)
役者たちにリアル山ごもりさせたらしいですが、そのかいあってか若い役者たち(多分)がキリッとしてます。おそらく当時の若者(ワカモノ!)とは違った「キリッ」だと思うのですが、こういう「キリッ」がちゃんとできてる映画は少ないですからね。

並木愛枝、地曵豪。全然知らない役者さんなんですけど、この二人すごく良かった。彼らがきまっているので映画自体もきまってる。素敵です。並木愛枝の「嫌〜な視線」とかすごく良い。
坂井真紀。最近大きな仕事はしてないみたいだけど、この人素敵な女優さんだと思います。

学生運動からテロ組織に移っていく過程と、学生運動から劇団(演劇)に移っていく過程は紙一重だったんだな。と思った。
現在、この世代の人たちが演劇界(小・商問わず)の中心なわけで。
彼らの次の次(もしくはさらに次)の世代である僕らは、何を思って演劇しているのか?自分たちの芯はどこにあるのか?
真の演劇革命戦士となるために自己批判を求めます。
なんつて。
いろいろマジメに考えます。これ見ると。

2010年09月22日

『鉄塔 武蔵野線』(97年/日)

鉄塔武蔵野線.jpg
監督・脚本:長尾直樹
出演:伊藤淳史 内山眞人

○何の気なしに見たのだけど良かった。子供から少年になるほんの短い時間。夏のにおい。汗のにおい。
伊藤淳史の「演技」とかじゃ出せない、その時特有のキラキラが素敵。
夏の終わりに見るといいですな。って今頃。。。

2010年09月20日

『ハルフウェイ』(09年/日本)

ハルフウェイ.jpg
監督・脚本:北川悦吏子
出演:北乃きい 岡田将生

○北川悦吏子が初監督って書いてあるけど、「プロデュース:岩井俊二」の影響デカすぎじゃないの?わかんないけど。そーゆーの。内容はもう王道なラブ話。

て、
そんなんどーでもえーねん!


あ〜〜〜〜。


キタキタキタキタ〜〜〜。

やばいやばいやばいやばい。

北乃きいがー・・・

いや、

きいちゃんがー・・・


かっわいーーーーー!!


もうずーーと萌え萌えしながら見てましたが、

ラストシーン!

あぁもぉー!


鼻血出るわっ!


あおいさん、ごめんなさい。
僕のケイタイは「きいちゃん」仕様にチェンジします。


岡田将生くん、好き。きれい。仲里依紗も良かった。
学校の先生役の人らは別にあの人たちじゃなくてもいいよな。つうか違うほうがいいな。

2010年09月18日

『トラック野郎 御意見無用』(75年/日本)

トラック野郎 御意見無用.jpg
監督:鈴木則文
脚本:鈴木則文 澤井信一郎
出演:菅原文太 愛川欽也 春川ますみ 中島ゆたか 夏純子 佐藤允

○昔はテレビで放送されてたのに最近やらないなぁ。と思っていたのだけど。見てナットク。トラックが暴走するのはアレとしても、運転中にガンガン酒飲んじゃうんですわ、この人たち。まぁ時代ですな・・・。おバカ映画万歳!

文太!かっこえー!スタイルいいし!漢だし!
キンキン!かわいー!きたないけど!
佐藤允も渋かっこえー!
昔の俳優さんってカッコイイ人多くて惚れちゃうぜ。
ヒロイン・夏純子。なんでこの人なんだ?キレイじゃないし芝居ヘタだし。。。

予告編をみたら「同時上映『帰って来た女必殺拳』」って出てた。き・気になる・・・。

2010年09月06日

『ゼロの焦点』(61年/日本)

ゼロの焦点.jpg
監督:野村芳太郎
原作:松本清張 
脚本:橋本忍 山田洋次
出演:久我美子 高千穂ひづる 有馬稲子 南原宏治

○2時間ドラマの原点。面白かったけどもうテレビに毒されちゃった僕らにゃ物足りないわよね。

女優さんが皆、品があって芯があって素敵。リメイク版(広末・・・)は見ません。

2010年09月04日

『出口のない海』(06年/日本)

出口のない海.jpg
監督:佐々部清
脚本:山田洋次 冨川元文
原作:横山秀夫
出演:市川海老蔵 伊勢谷友介 塩谷瞬 上野樹里

○そんな気はしていたのだけど、気持ちの準備はしていたのだけれど、ヒドイ、ヒドスギル。『クライマーズハイ』も『半落ち』もそうだけど映画化するなよ、こんなんになっちゃうなら。お前ら全員反省文5億枚書いて提出しろ。
ダメな点が多すぎてもう書ききれない。。。
ある意味泣ける映画。日本人はもうまともな戦争映画は作れないのかもしれない。そう思うとホントに泣ける。

※原作はすごく良いです。読んでください!

2010年05月06日

『幸福な食卓』(07年/日本)

kouhukunasyokutaku.jpg
監督:小松隆志
脚本:長谷川康夫
原作:瀬尾まいこ
出演:北乃きい 勝地涼 平岡祐太 羽場裕一 石田ゆり子

○ずいぶんと前に原作を読んでいたので、なんとなく見てみた。
小説を映画にするとまぁたいていはつまらなくなるわけで、これもそう。っていうか、映画の脚本や演出がどうやってできるのか知らないが、どうしてこうなるのかしら?プロの仕事は難しすぎて理解ができない。
主人公の兄(直ちゃん)の役がどうしてあんななのか?(役者がどうとかじゃなく脚本がブーなのだ)、兄の彼女(小林ヨシコ)も何であんななんだろうか・・・。
ミスチルのくるみが延々と流れるシーンとかも・・・ホントいらない。げんなりする。

て、文句さんざん書いといてなんですが、、、

北乃きいがかわいすぎる!

彼女がかわいかったからもう他のことはどうでもいいや。
ぼや〜っとした感じが良いのよ〜。
なんか初恋の女の子のこと思い出しちった。。。(*ノωノ)イヤン
わが心の師・おいちゃんに報告しなければ!

2010年04月25日

『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』(02年/日本)

pika-nnchi.jpg
監督:堤幸彦
脚本:河原雅彦
原案:井ノ原快彦(V6)
出演:相葉雅紀 大野智 櫻井翔 二宮和也 松本潤
○面白いか面白くないかと言われれば面白くないのだけれど、何となく最後まで見ちゃうのはなんだろか。嵐だからだろか。8年前なので嵐が若い。
予想外に相葉君が主役だった。大野君面白し。井ノ原さんはまっちゃん(松本貴史)にしか見えない、ていうかアレはまっちゃんだ。
出てくる女の子が全然かわいくない。とくに相葉君の相手役(伴杏里)愛嬌もなければ芝居もひどい。なんでこの娘なのだ?

2010年04月21日

『チェイサー』(08年/韓国)

chaser.jpg
監督・脚本:ナ・ホンジン
出演:キム・ユンソク ハ・ジョンウ
○評判どおり面白かったー!ちょいちょい気になるダメポイントがあるのだけど、細かいことは気にせず見たほうが得ですわ。『オールドボーイ』が好きな人は絶対好きだと思われ。血とか暴力とか苦手な方にはあまりおすすめしません。ハリウッドでリメイクされるらしいけど、絶対こっちの方が面白いと思います。。。
ひょんなことから猟奇殺人鬼を追うことになるデリヘルの店長、キム・ユンソク。この人、全くかっこよくない。デブでブサイク(葉加瀬太郎に似てると思う・・・)。かっこよくない上にさらにろくでもない男の役。でもこれが良い。
子役のキム・ユジョンがかわいらしくてお芝居がお上手だった。(今、調べたらこの子けっこうな売れっ子だった)
どうでもいいが、刑事役のパク・ヒョジュが地味〜に好きかも。

2010年02月05日

『おくりびと』(08年/日)

okuribito.jpg
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
出演:本木雅弘 広末涼子 山崎努

○アカデミー賞だなんだかんだとキャーキャー言うほどのこともない。フツー、 もしくはフツー以下。わかりやすい。もうわかりやすくてどうでもいい感じ・・・。

モッくん(いくつになってもモッくん・・・。)はキレイでした。
何で妻役は広末涼子なんだろうか??嫌いじゃないけど、夫婦感ゼロだった。。。

死ぬために生きてんだよなー。

2010年01月21日

『ぐるりのこと』(08年/日本)

gururinokoto.jpg
監督・脚本:橋口亮輔
出演:木村多江 リリー・フランキー

○すご〜い。
すご〜いいいです。これ観てなかったらぜひ観たらいいです。
出てくる人物がそれぞれちゃんと生きてて、会話がちゃんと会話で、関係がちゃんと関係で、ストーリーには無駄なとこが全然ないの。すご〜い。
リリー・フランキーも木村多江もさして好きじゃないけど、良かった。特にリリー・フランキー!良い!あ、加瀬亮、やっぱ好き。
「ゲイの映画の人」ってイメージが強くって観たことなかったけど、すごいすね、監督さん。ん〜ぅ。
いろんなとこに見知った顔(小劇場。)がいっぱい出てるなぁ〜。なんだよ、僕のことも使ってくれ〜っ!と。

2010年01月19日

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』(08年/日本)

51OOxikxsNL__SS400_.jpg
監督:北村拓司
原作:滝本竜彦
脚本:小林弘利
出演:市原隼人 関めぐみ

○GReeeeNのPVで使われててちょっとかっちょ良さげだったので借りてみた。100円だったし。そう100円だからね。うん、100円ならね。間違ってもそれ以上払う価値なし。PVだけで十分だったわ。
なんかもちょっと面白くできそうな内容なんだけどなぁ。。。

2009年09月14日

『たみおのしあわせ』(08年/日)

769dbab3.jpg
監督・脚本:岩松了
出演:オダギリジョー 麻生久美子 原田芳雄 大竹しのぶ 小林薫

○ラスト笑った。くだらねー。
意味を考えそうになった、あぶない。どうでもいいや、んなこと。岩松了の考えてることなんてわからん。

とにかく芳雄。あぁ芳雄。素敵だなぁ〜、芳雄。
他の出演者も皆々良いのです。いい役者ばかり。端々まで。

忌野清志郎がちょろっと出てる。生きてるときからこの世の人じゃない存在感ね。最後の映画なのかしら?合掌。
「オダギリ×麻生」って言われても時効警察見てないし、んな宣伝されても知らんよ。

2009年05月28日

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08年/日本)

GADH1340_l.jpg
監督:塚本連平
脚本:福田雄一
原作:ママチャリ
出演:市原隼人 佐々木蔵之介 麻生久美子 石田卓也

○くだらねぇ〜。と、どうでもいい時にボ〜っと見るといいです。あ、いい意味で。かなり笑った。

市原隼人かわいいなぁ・・・。(ゲイではないよ、僕)
坂井真紀が気になっている(『赤い文化〜』にも教師役で出ていた)最近良いのよねぇ。面白いの。元々好きなタイプ(あ、これはもう容姿的に)なのですけどそれだけでなく。う〜む。

2009年05月27日

『赤い文化住宅の初子』(07年/日本)

51BfMzbpo1L__SS400_.jpg
監督・脚本:タナダユキ
原作:松田洋子
出演:東亜優 塩谷瞬 佐野和真

○期待も前知識も何もなく観たのですが、面白かった〜。
どんだけ不幸なのだ・・・たまりません。(でもよくよく考えるとほんの少し前まではこういう子いたのかもね・・・)

東亜優という人はかわいいようなブサイクなようななんともいえない雰囲気があってこの役にぴったり。ボソッという一言に笑わされたり切なくなったり。ぐ〜っど。
この監督さん『俺たちに明日はないッス』撮ってるのね。さそうあきら好き〜。観てみよう。

2009年04月03日

『ラフ ROUGH』(06年/日本)

51ZOi2Wi3rL__SS500_.jpg
監督:大谷健太郎
脚本:金子ありさ
原作:あだち充
出演:速水もこみち 長澤まさみ 阿部力

○どこがどうなってこんな映画になってしまったのか。反省しろ!お前ら!お前ら全員だ!どうしてどうして・・・。

もこみちに期待なぞしてなかったが期待以上にダメだった。
長澤まさみはかわいい。けど二ノ宮亜美はもっとかわいいはずだ。
阿部力・・・って何?かっこよくなくなくない?中西はかっこよくって素敵なGUYだぜ。

あだち充の漫画で1番好きなのにな〜・・・頼むよ〜・・・ううっ・・・