2009年04月01日

『アメリカン・ギャングスター』(07年/アメリカ)

515ToFOi-tL__SS400_.jpg
監督:リドリー・スコット
脚本:スティーヴン・ザイリアン
出演:デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ

○「ギャング」VS「警察」という設定。それだけでうっとりしてしまう僕。2時間半くらいあるのですがOKOK!すっかりまるっと良いです。かっこよいわぁ。アメリカァ〜ン。
デンゼルとラッセルとびっきりだぜ!
すっかし、司法取引ってのは日本人の僕には納得できねぇシステムだわな。

2009年03月28日

『レッドクリフ Part I』(08年/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国)

51NcKWAgVNL__SS500_.jpg
監督:ジョン・ウー
脚本:ルー・ウェイ ヅォウ・ジンジー
出演:トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン フー・ジュン

○TSUTAYAでレッドクリフ半額!ということで。
なんか「タイタニック」と「三国無双」を足して「ジョン・ウー」で割った感じ。て、まぁ「タイタニック」見てないし「三国無双」やったことないんだけど。
面白くはない。でもまぁ「すごいね」とウーをほめてあげたくもある。

DVD、吹き替えがしっかりしたキャスト。字幕より見やすいしオススメる。
中村獅堂、顔怖い。

2009年03月27日

『サン・ジャックへの道』(05年/仏)

51qoAIUUJjL__SS500_.jpg
監督・脚本:コリーヌ・セロー
出演:ミュリエル・ロバン アルチュス・ドゥ・パンゲルン ジャン=ピエール・ダルッサン

○ほのぼの巡礼の旅。皆それぞれかわいらしくて良い。
1500キロも歩きゃ人間変わるだろと思っちゃう。
すごい景色が続く。地球って広いね。いろんなトコに行ってみたいな(いや、行けばいいんだけど)
あっさりめな内容。もっとコメディかと思ってた。

2009年03月25日

『刑事物語5 やまびこの詩』(87年/日本)

lvgvioqb.jpg
監督:杉村六郎
脚本:片山蒼 榎本修 鳥居欽圭
原案:片山蒼
出演:武田鉄矢 賀来千香子 鈴木保奈美

○シリーズ最終作。これまた不発。残念なり。
片山刑事の性格がこれまでとちょっと違う。怒りすぎ。何があっても「すいません」と下から伺わないと最後に盛り上がってかない。「一生懸命=怒り」じゃないだろ。ばか。
姉妹との関係が薄くってこれまた盛り上がらず。あ〜あ〜。

村井国夫はかっこいいな。ダンディ〜&コメディ〜。
江夏豊の芝居が渋い。渋すぎて何言ってんだか聞き取れない。
やたらと鈴木保奈美が踊る。

このシリーズは2と3だけ見りゃいいですな。お気に召したら1もか。4・5はけっこう残念。

2009年03月23日

『刑事物語 くろしおの詩』(85年/日本)

keiji-monogatari-4.jpg
監督:渡邊祐介
脚本:ちゃき克影 黒井和男
原案:片山蒼
出演:武田鉄矢 相原友子 大友柳太朗 植木等 石橋蓮司

○「あ・・・」となった。これまでとちょっと感じが違うのです。「ぎゅ〜ってつぶされて、でもうぎ〜ってがんばってがんばって、泥だらけでぐぐぅ〜となる」のがいいのにそれが薄い。
あと、事件は事件・色恋は色恋と完全に分かれちゃってて「こんちくしょ〜」力が弱い。辻褄なんてどうでもいいからそこは絡めないと!
残念。ここにきて残念。

最近は良いおっさん役が多い蓮司石橋。でもこーゆーヤクザ役の方が僕は好き。かっこいいのよね。
大仁田厚にはキズがなく、田山涼成には頭髪がある。

2009年03月18日

『刑事物語3 潮騒の詩』(84年/日本)

keijimonogatari3.jpg
監督:杉村六郎
脚本:ちゃき克影 武田鉄矢 黒井和男
原作:片山蒼
出演:武田鉄矢 星由里子 沢口靖子 夏木陽介

○相変わらずいいぞ鉄矢!「鉄矢ギャグ」好きだぞ!もしかすると日本で一番転んでる役者かもしれんな。えらい。

1・2に比べてお笑い率アップ。まぁそのへんはどうでもいいが。
歌唱力No.1アイドル・沢口靖子のすごい歌が聴けます。
ちょっとしか出てこないけど、この頃の木之本亮はかっこよかったな。

2009年03月12日

『刑事物語2・りんごの詩』(83年/日本)

keiji2.jpg
監督:杉村六郎
脚本:武田鉄矢 渡辺寿 黒井和男
原作:片山蒼
出演:武田鉄矢 酒井和歌子 園みどり 玉野叔史

○ええかげ〜んなやつぅじゃけぇ〜ほっといて〜くれぇんさぁ〜ぃ♪
最近、鉄矢に夢中。素敵、鉄矢。泣かされるわ。
3・4・5も見るよ。間違いなく。下手したら「101回目の〜」も見ちゃうかもしれん・・・。

三浦洋一、金子信雄、キャラが濃いい。もちのろんいい意味で。
タモリ(タモリ一義)の居酒屋コントがくだらない。。。
「違〜うっ!木のやつ〜っ!」の名シーンが見れます。

2009年03月06日

『memo』(08年/日本)

51gZTpHwVKL__SL500_AA240_.jpg
監督・脚本:佐藤二朗
出演:韓英恵 佐藤二朗

○太田さんが出てる。けっこう出てる。
韓英恵はむ〜っとしてる。む〜っとして、む〜っとして、む〜っとしきったとこで笑うと、かわいい。ギャップやな。つまりそういうことだ(←どういうことだ?)
それ以外は特に言いたいことはない。

2009年03月04日

『刑事物語』(82年/日本)

keijimonogatari.jpg
監督:渡邊祐介
脚本:渡邊祐介 武田鉄矢
原作:片山蒼
出演:武田鉄矢 有賀久代 田中邦衛

○先日このシリーズを借りにツタヤに行ったらDVDがなかった。どうやら出てないらしい。なんでや?
武田鉄矢はあなどれない。一生懸命やられるとグッとくる。殺陣はなんかしらんがかっこいい。ハンガーを回したくなる。
西田敏行とか高倉健とかちょっと出演のゲストが豪華。なんでや?
田中邦衛のラストの芝居、普段の時とあんまかわらなくねぇか?

2009年03月02日

『運命じゃない人』(05年/日本)

612RXCAWNSL__SS500_.jpg
監督・脚本:内田けんじ
出演:中村靖日 霧島れいか 山中聡 山下規介 板谷由夏

○ははぁ〜ん。よく出来たお話。面白〜い。
この人、中村靖日っていうのだね。ようやく名前がわかった。なんか気になってたのよ。「鹿男あをによし」を読んでた時“藤原君”はこの人のイメージだった。名前知らなかったんだけど。
山下規介、すげ〜久しぶりに見た。まだいたんだ・・・。

2009年02月27日

『熱血男児』(06年/韓国)

5148feSIucL__SS500_.jpg
脚本・監督:イ・ジョンボム
出演:ソル・ギョング ナ・ムニ チョ・ハンソン

○ああ〜も〜号泣だ。
中盤でラストまでの話はまるっと分かってしまうのですが、それでも「号泣」です。あああ〜(ToT)
やんちゃっ子役(ヤクザ)のソル・ギョング、おかん役のナ・ムニ。この二人がいい!
軽い気持ちで是非ご覧下さい。

2009年02月25日

『ノーカントリー』(07年/アメリカ)

51AWagSwsFL__SS500_.jpg
監督・脚本:ジョエル&イーサン・コーエン
原作:コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)
出演:トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン

○映画館で見なくてよかった。絶対一回じゃ分からない。「え?」ってなっちゃう。二回目見て「あ〜」「なるほど〜」みたいな。面白い。
原作を知らないからアレだけど、監督さんは、原作の意図をうまく使って、けっこう黒い笑い(?)をテーマにしてる。いろいろわかりずらい。でもそこが面白かったりする。
おっさん三人が三様に良い。でもまあハビエル・バルデムは忘れられない。素敵すぎ。

2009年02月23日

『東京少女』(08年/日本)

51uynhbkPIL__SS400_.jpg
監督:小中和哉
脚本:林誠人
出演:夏帆 佐野和真

○夏帆が見たかっただけだからさ、いーの、別に、内容なんか。
・・・。
にしても・・・。
映画にすんな、こんなの。バカ。

2009年02月22日

『全然大丈夫』(08年/日本)

51b8qpwxJnL__SS500_.jpg
監督・脚本:藤田容介
出演:荒川良々 木村佳乃 岡田義徳

○予告編が面白そうだったから借りたのだけど、本編はそうでもなかった。
この映画じゃなくてもよく思うのだけど、どうしてこんなにテンポが悪く作るんだろう?面白くなくてもテンポでごまかしてくれたらいいのに。見にくいし飽きる。そういう映画に限って前半がず〜っといらない内容でクダクダしつこい。で、後半どうでもいい感じに内容が動いてどうでもよく終わる。
もうっ!ちょっと期待してたから余計ガクッときた。。。

2009年02月19日

『悲夢』(08年/韓国)

dream_poster_1.jpg
監督・脚本:キム・ギドク
出演:オダギリジョー イ・ナヨン

○なんとも不思議な。ちょっとよくわからんなぁ。面白くないわけじゃないのです。
オダギリジョーは日本語、他の人は韓国語。ごちゃ混ぜなのだけれど違和感がなくなっていく。
もう一回みたいなぁと思う。

2009年01月03日

『快盗ルビイ』(88年/日)

4988002442355.jpg
監督・脚本:和田誠
原作:ヘンリー・スレッサー
出演:小泉今日子 真田広之

○小泉今日子。いや、ここはあえてキョンキョン。あぁもう!殺人的にかわいい!もうどうにでもしてくでぇ〜!「何でもいうこと聞きます」ってなってしまう主人公(真田広之)の気持ちがよくわかる。わかりすぎる。
80年代感が否応なく感じられてしまう。けどそういうとこも良い。面白かったですの。
すっごい昔(中学生か小学生の頃)に見た時、キスシーンのガムのやりとりが強烈に印象に残ったのを思い出した。エロかったのだね、当時の僕にとって、あれは。

2009年01月02日

『太陽』(05年/露・仏・伊・瑞)

KWX324_l.jpg
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
脚本:ユーリ・アラボフ
出演:イッセー尾形 ロバート・ドーソン 佐野史郎 桃井かおり

○『ヒトラー〜最後の12日間』を見て面白かった方にはオススメいたします。
どちらも見ていない方は両方見るとよいですよ。疲れるけど、ものすご〜く。
イッセー尾形がすごい。とにかく彼の体の制御能力に脱帽。『ヒトラー〜』のブルーノ・ガンツもそうだったけどモノマネじゃなくて(マネとしてだけでもすごいけどね)ちゃんと生きた人間になっているのがすごい。
あ、そう。
「人間である」ということがすごいのです。

2009年01月01日

『SAW』(04年/米)

ACBF10246_l.jpg
監督:ジェームズ・ワン
脚本:リー・ワネル
出演:ケイリー・エルウィス リー・ワネル

○おもしろーい!『CUBE』とか『セブン』とかを思い出すわね。
よく考えつくよなぁ〜、いろいろと。作者は普段あんなことばっか考えてんのかね?変態なのかね?
続編気になるけど、面白いのかな・・・。
※ちょっと調べたら監督も脚本家も僕と同じ年齢だった。関係ないけどちょっとショック。。。

2008年10月22日

『アダプテーション』(02年/米)

51W0N7T2WJL._SS500_.jpg
監督:スパイク・ジョーンズ
脚本:チャーリー・カウフマン ドナルド・カウフマン
原作:スーザン・オーリアン
出演:ニコラス・ケイジ メリル・ストリープ

○「バカだね〜」と褒め称えます。ゆるゆるな感覚が素敵すぎ。面白いです。もうどこまでウソでどこからホントなのかわかりません。
スーザン・オーリアンって人はよく許したな、これ。
双子役(二役)のニコラス・ケイジ、当然合成の映像なのだけど、もうそういう双子だとしか思えない。ほんとブサイクで愛らしい。

2008年10月19日

『天国と地獄』(63年/日本)

51U4JrlS%2BsL._SS500_.jpg
監督・脚本:黒澤明
脚本:菊島隆三 久板栄二郎 小国英雄
出演:三船敏郎 仲代達矢 香川京子 山崎努

○今から45年前の映画なれど面白い。
役者がいいのです。 大人の顔なんです、大人が。老けなければいけません、ちゃんと。